Only Sense Online 5 感想1

最近、新刊が出たようです。 が、今回の対象はその前の5巻の内容です。 と、いつつ見どころあんまりですね。 レイドクエストの攻略とか プレイやキラーたちとのいざこざとか 前巻のやり残しを主人公いてもいなくても いいんじゃね?って感じで解決していく感じです。 いろいろパーティとそのうちのキャラが増えていて ラノベだと絵との連想ができにくいので全員つながってません。 …

続きを読む

Only Sense Online 5 感想2

帰宅後10分で・・・とかいいつつ、 寝起きで10分で書いてます。 がんばれ僕の頭・・・ いろいろあったはずなんですが・・・ 「保母さん」と呼ばれている主人公に 「聖母」さんのかっこうをさせて 「聖保母さん」 語呂悪いだっろ・・・ また、別のシーンでは煙が上がるほど攻撃したら 「やったか・・・」 そりゃどんなフラグが立とうといいたくなります。 蘇生薬を…

続きを読む

はたらく魔法さまっ! 14巻 感想1

前巻和解し始めった勇者母娘。 この先新展開とうなる! って意気込んで読み始めたんですが・・・ 今回は、短編集でした。 ・回転ずしのはなし  生魚を安く食べられる文化はすごいです(棒)。  ファンタジー世界の住人が現在日本に来て驚愕するシーンはどこかに必ずありますが、  自分は好きです。  というか、メインは前巻で利香恵美の相談で一度通った道としていた、  一度目の道に重…

続きを読む

はたらく魔法さまっ! 14巻 感想2

順調に機能の続きです。 ・店長の話  仲の悪い二入に緩衝材ひとり  まんま主人公たちの関係ですね。  実は仲いいだろ。お前らっていうとこもおんなじです。  緩衝材の人はアニメ逆輸入(あとがきより)らしいですが、 まったく思い出せませんでした。  名前ぐぐったら普通に出ました。  いたなー、そういや。  巻頭び挿絵小説はこれの後日談です。  最初のページにあるからと先に…

続きを読む

ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか 9巻 感想1

ニセコイ とか とある魔術とか・・・ 話が進むとタイトルが意味をなくさなくなる作品って時々ありますよね。 そんななか、今回のこのタイトルは・・ 序盤からタイトル通りの出会いから始まりました。 「竜娘」というモンスターとですが・・・ そして、2章のタイトルが 「竜娘といる日常」 ぎりぎり旬のなんて悶々するタイトルでしょう。 販売した時期から狙ってる風にしか見えま…

続きを読む

ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか 9巻 感想2

ある意味、分岐点ではありました。 今回、前回のごたごたを主人公たちがどう解決する・・・ っていう前に、強引シナリオを押し進めるように ギルドの偉い人から「強制命令」と書いてミッションが発令 どうやら、竜娘のような存在は前からいたようです。 それをまるで裏から操っているかのようにうさん臭く登場した 真のギルド主 挿絵を見る限り「大僧正」という単語で想像できる人物です。 …

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想1

僕にはジンクスがあります。 ブラック・ブレット とか 苺ましまろ とか あ・・・ある意味ハンターハンターとか・・・ 新刊をきっかけに集中して読み始めた新シリーズが 次巻以降、ものすごく発売しない・・・ このマグダラで眠れもその一冊かなとか思ってました。 1年ぶりに刊行となりました。 このラノベは「狼と香辛料」の作者が同じなのでどうしても比較しがちになるんです。 …

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想2

ガンダムのアムロとかさ アークザラッドのアークやエルクとかさ ある意味ジョジョとかさ 舞台や作品が変わって、かっての主人公が大人に成長した姿に感激することってありますよね? そこには、『大人』になっているものがほとんどです。 でも・・・まさか・・・ この作品のスピンオフ「少女は書架の海で眠る」の主人公が 『中年』になって登場されると 感激も何もあったもんじゃありません。 …

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想3

天使の・・・とか 太陽の・・・とか 錬金術師としていろいろ表現がわかりづらかったけど 要は火薬をつくっていたんだね(できた)ということにやっと気づきました。 火炎放射器とか普通に出てたから火薬なんてすでにあるもんだと思ってました。 なるほど、そこまで文化が進んでいないことを前提によまないと いろいろごっちゃになります。 最初の主人公のデレッデレな部分が最後まで続いたらど…

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想4

この話の構成を考えると 起:承:転:結≒5:2:1:2 問題が起きてから解決編までかなり短い 当人たちの陥った状況と改善へ苦労と反比例に あっけなくおわりました。 しかも、エピローグで終わった感じはなく、 むしろ次巻のプロローグまではじまった感じまでします。 もっと、こう・・・ バックにいる騎士団の影響力がわかりづらいです。 こう、劣等生やアクセルワールド程…

続きを読む