ポーション、わが身を助ける 3巻

やっと、話が軌道に乗ってきました。

この手は、スローライフの話のようで
微妙に違う感じがするので、こういう展開は当然です。

ただ、いまは目的の人物に合うことが目標になっていますが、
これが本当に解決(元の世界に戻れる)につながるのかは微妙なところ。

さらに言えば、登場人物の一人があきらかに
いつ裏切るかがわからない描写されているので、
そこでいつ本性がでるのか・・・・

きっと、本省出した後の和解後に、万能な見方になる気もします。

前の巻の感想ではこの話をアトリエシリーズに例えましたが、
今回はそれでいう、プレイヤーの方向性をホントの意味で自由にできる状態でしょうか。
序盤は設備とか移動範囲とかの制限上固定にならざる得ないですからね。

この記事へのコメント