ソードアート・オンライン ガールズ・オプス 3巻

キリトに振られた人たちによる女性サイド話です。
オリジナルキャラが一人出てきます。


だんだん、原作とリンクしてきました。

っていう表現は変ですね。
原作設定を絡めてきたといったほうが正しいでしょうか。

これがパラレルなのか正史の断片なのかはわかりませんが、
正史のほうだった場合、結末が嫌な予感がしてたまりません。
このまま、このキャラがちょい役でも生死に絡んでいる描写があるといいのですが・・・


ただ、原作の設定とのつなげ方がちょいと、強引というか
不思議と、「この先どうなるの?」的なわくわく感がわいてこないというか。
王道というにはものたりない、ありきたりな展開が続く感じが
評価したいのにできない印象を持ちます。

たぶん、外伝としての描き方が、余ったキャラの再構成でやっている感じで、
これが、原作のどこかとリンクして、「一方そのころ・・・」的な視点だったなら
もうすこし、面白くなるかなl・・・とか考えてみたり

下手にそうしちゃうと、矛盾点つつかれたり、どっちもどっちですけどね・・・

この記事へのコメント