天賀井さんは案外ふつう 1巻 感想

いろいろとタイトル詐欺です。
ですが、いい意味でも裏切っているので全然OKです。

まずタイトルの主人公どころか、
登場人物のほとんどがふつうではありません。
あと、推理物と思いきや、あとがきを信じるなら日常系だそうです。

ただ、展開的に「氷菓」+「伝奇」にちかい推理風の展開が通じてます。
この原作者の推理は非日常部分を組み込みつつも、トリック的なとこは推理の基本を押さえている(ようにみせかけている)ので、純粋に次巻の解決?が楽しみです。

最終的にこの少年と先生はよりをもどしてほしいなぁ・・

この記事へのコメント