落第騎士の英雄譚 9巻 感想

昨日アニメが最終回しました。
熱かったですね。
放送前PVのOPで駄目臭が漂ってましたが、
聞けば聞くほど、するめのように味が出てきて
最後に展開とOPのシンクロ具合は想像以上に良かったです。

ほんと、(1期)最終話にふさわしいぐらい熱かったと思います。

が、

この9巻はさらに熱かったです。


このテンションのまま、一気読破してしまいました。

前巻の感想の通り、第一部完で大円団を迎え、きっちり横入りなくヒロインと決着つけれたのはよかったです。
さすがに新たな力っぽいのには目覚めましたが許容範囲内の表現です。


まず表紙が刊行中一番エロいです。
下が申し訳程度にはいてはいますが、これは安心できません。
はいてるものがエロいといえるし、
新刊でみると帯と文字に隠れてはいてないようにも見えます。
ま、どうせ、イラストどまりの装飾でしょ・・・とか思っていたら
ラスト!ラストォォ!
紳士な主人公は死んだそうです。たぶん前巻のラストにでしょうね。
朝チュンでした。

ストーリを追うと
決勝戦当日
主人公はこれまでの強敵と再戦
前回の上位陣+兄と対戦
それぞれ全力ではないといってもこれまで一刀修羅で倒してきた人たちを
使わずに倒せるという表現で強くなっていることをアピール。
特に、原作というか昨日のアニメであった一瞬終わった対会長戦を
駆け引き戦闘できちんと再戦した部分はなかなか読み応えありました。・・・すべてを読むまでは

一方そのころヒロインはくっちゃ寝
まあ、これが彼女のコンディションの整え方らしいので


で、中盤からは決勝戦。
お互い展開が逆転の逆転の逆転の・・・
主観が変わったら相手が有利な状況です。
いわゆる解説フラグで相手が自分の思惑の上を行くパターンです。
もう、ここら辺に来ると最初に書いたように熱いです。

まあ、主人公の勝利で決着つきましたけど

決着後も別の意味で熱かったです。

これで最終巻といわれてもいい感じで大円団でした。
次巻から王国編でまだつづくようですが・・・

余談ですが、私服エーデルがツボってました。

あと、伏線が地味に蛇足で嫌な感じがしました。
例えるなら、何百年に一人の最強の伝説スーパーサイヤ人になれたのに
実は何人もいたり、さらにその上がたくさんいるぞといわれたかのような歯がゆさが・・・

この記事へのコメント