剣と魔法の世界ですが、俺の機械兵器は今日も無敵です。 感想3

全部読んでみれば、なかなか面白かったです。

後半の姫さんのカリスマっぷりとエピローグのかませチョロイン具合。
後半の女岸さんの戦闘要員っぷりと正チョロイン具合。
後半だけぽつんと登場して勝手に恋していく敵側のチョロイン具合。
後半のあんだけ強敵天敵終を出して翁らが主人公がちょろく退治するぐらい。

クライマックス具合がいい感じにかけて抜けていきました。

そして惜しむらくは、作中押しているテンコちゃんについては僕にはあまりヒットしてないこと
そして、正直世界観の中途半端さ?というか前回の感想に書いた魔法形態と機械兵器形態の違和感?

そこらへんが納得できる表現・設定が明かされれば面白くなるかもしれません。

この記事へのコメント