少女は書架の海で眠る 1 2 感想

う~ん、酷評です。

「マグダラで眠れ」のスピンオフ小説のコミカライズですが、
この作品自体が本編に比べていまいちですが、
コミック化してさらに悪化したような印象です。
小説で起こった内容をそのまま単純に映像化しただけで、
これじゃない感がありまくりです。
本編のコミカライズ版もそうですが、
原作が、テキストなどで風潮や文化・世界観を補足しているので
映像化することでその描写ないという、
映像化に不向きな作品か世界観なのかもしれません。
例えるなら、失敗作の劣化版かな・・・言いすぎかな・・・


よかったのは、挿絵とテキストでしか表現していなかった
ヒロインの表情がかわいいということでしょうか。
あと、やっぱり主人公はヒョロイ、時代が時代ならまだ、
女装ネタも通じる体系です。

それが・・・あんな・・・本編で登場するときには(泣

この記事へのコメント