とある科学の超電磁砲 11巻 感想

こっちの主人公の話は分かりやすいです。

っていうか御坂さんはケンカしていた敵勢力?との相性が意外と良い。
椎茸さんとかアイテムさんの貧乳さんとか
利害の一致で瞬時に共闘できるのはさすがです。

っていうか、青さんそれよこしなさい。

という小話を最初と最後に挟みつつ
メインはジャッジメント回

予知能力者を交えた事件解決のお話し。
なかなかシリアスでよかったと思います。
良くも悪くも超電磁砲という意味で。

このとあるの超電磁砲はほんとに魔術が交差しない

この記事へのコメント