うたわれるもの 偽りの仮面 プレイ状況6 終

事実上の最後です。

休みが3日もあれば、大分進められたので
あとステージ2つぐらい残っていますが、まあ、これからやってクリアできるでしょう。

今回は最後の方にいろいろネタバレします。

ダイジェストでも多少してますが、
読みすぎに注意

前回から・・・
トゥスクルに侵略開始
ベナヴィの活躍で難航しているので支援へ
汚い方の小山と戦闘
ベナヴィVSムネチカ熱い
なんか、帝が死んだので撤退
オシュトルに濡れ衣
オシュトル救出
ブライと対峙
エンディング
夢幻演武1
~省略~
夢幻演武15 ← 今ここ


キャラの使用感などを
・ハク
作中一番体力のない設定なのに
主人公補正でなかなか設定と性能のギャップが2番目に離れている。
ヒロインとペアで動かすと気力消費の回復が使えるので便利です。

・クオン
僕の知っている薬師と違います。
遠距離意外何でもできます。
気力もどんどんたまります。
弱点はジョブの割に自分を単独で回復する手段がないこと
※ほかの人を利用すればできます。

・マロロ
育ててないのでなんとも・・・
序盤の劣化ネコネといった印象

・ルルティエ
前作のムックル枠
一応盾役なのでしょうが、終盤防御を覚えさせないと
平気で即死攻撃が多いので使いにくいかも
さらに、もっといい盾役も仲間になるので印象がいまいち

・キウル
設定と性能のギャップが一番離れている人
いい意味で便利です。固定砲台です。
移動しなければ2回攻撃がかなり迎撃してくれます。
使うつもりはないのにかなり役立ってくれました。

・ネコネ
今作シナリオ最後の戦犯です。・・・が
例えるなら大魔王になる前の魔王さまです。
1ターンで回復と攻撃を両方こなしてくれます。
弱点は初期配置をきちんと考えないと
移動順番が来る前に敵のターンで即死するステージがあること

・アトゥイ
設定どおりの性能です。
最終的な移動距離が長く便利と思いがちですが、
終盤に使うと孤立させないために無駄な特技にすぎず、
壁役にも防御が低いと中途半端な性能

・オウギ
いまいち、段差のあるステージがあれば活躍するかも
ただ、連撃が隠し含めて覚えやすいので
見た目以上の攻撃力が・・・
射程が短いのが・・・

・ノスリ
自分の主力。対弓兵ユニット
こっちも弓で遠距離攻撃
敵は遠距離回避で無効化。
弱点は呪術に気をつければいいだけ
っていうか、終盤の前作のあのキャラと会話がなければ
あの種族って気づかなかったわ

・ウルゥル・サラァナ
遠距離特化の攻撃。
しかもドレインなので自然と自分の体力もこなす。
予知で回避もできる。
弱点はネコネと同じ初期配置で出番が来る前にやられるステージがあること。

・ヤクトワルト
メイン盾。無限の回避と人力TASじみた巻き戻しの性能で驚異の生存率
さらに、カウンタも発動するのでバンバン敵が自滅していく。
弱点?はカウンターで敵の気力を挙げてしまい。加護による行動順が変更される場合があること。

各ステージ補欠は2名ほどなので、結構使わないキャラも使えます。


シナリオ補足
PVに出ているクロウさんと戦います。
っていうかシナリオ上前作のOPが流れるとか・・・
熱くなるよね?



ここから思いっきりネタバレ言うね。

ラストで、いろいろあってネコネのおかげで
主人公がオシュトルさんから仮面を引き継ぎます。
このネタべれ、きついてみれば、アニメOPに反映されています。
あと、アニメも3,4話ぐらいすれば正体ばれるかと思いますが、
瞳の色が・・・・瞳の色と盾スクロール中の登場人物している人
※同じ集合絵に同一人物は登場しない
などが細かに示唆されていました。

この記事へのコメント