うたわれるもの 偽りの仮面 プレイ状況3

消化されていく長いノベルパート
腐女子が増えていく
町娘にされるお仕置き&説教に古傷が痛むヒロイン
ここでやっと久しぶりの戦闘
盗賊娘が仲間になりそう ← 今ここ

まだ、伏線をいろいろまき散らしている最中かな・・・

目だった思うべき進展はありませんでした。

ただ、久しぶりの戦闘パートがいきなり敵が強くなった気がしました。
狂言なんだから手加減してる(はず)だよね?


話変わりますが、ヒロイン見てるとさ・・・
こう懐かしい気持ちになる違和感があったんですよ。
なんの気持ちが思い出しました。

ヒロインをみてるとさ、その元気な姿を
産みの母親にも見せてやりたいなぁとか思ってたんですよ。
その感じにみょうなフィット感のあるデジャヴがあってそれが何かが引っかかってたんですね。

そう、ヒロインの母親は前作のあの娘なわけですよ。
中の人が「中原麻衣」のあの人だとさ
「CLANNAD」を思い出したらつながりました。
あの、汐ちゃんの感情を少し思い出しました。

この記事へのコメント