はたらく魔法さまっ! 14巻 感想1

前巻和解し始めった勇者母娘。

この先新展開とうなる!
って意気込んで読み始めたんですが・・・
今回は、短編集でした。

・回転ずしのはなし
 生魚を安く食べられる文化はすごいです(棒)。
 ファンタジー世界の住人が現在日本に来て驚愕するシーンはどこかに必ずありますが、
 自分は好きです。
 というか、メインは前巻で利香恵美の相談で一度通った道としていた、
 一度目の道に重点を置いたお話。時期的には1巻と2巻の間くらい

・芦屋凄い パート1
 普通に日常です。そして何もないという重要さがある話。
 何もないと言っているのでとくにはないのですが、
 アラスたんが落ちを持っていく。

・ノルドの姉妹たち
  いろいろ空気というものを読んでいるよ~
 という話、娘の娘の姉が妹・・・
 複雑すぎる家庭会議みたいです。

・芦屋凄い パート2
 確かにすごいんですけど・・・そこに行くまでの前置きが長いです。
 う、うん。悪魔ってすごいねー

目次を読んだらあと2話が未読のようです。
あれ?ページの手ごたえがまだ半分なんですが・・・

この記事へのコメント