なのは洋菓子店のいい仕事 2巻 感想

徐々にキャラは増えてきました。 あとがきの内容を流用してレギュラーが増えてきたとこでしょうか。 落とせない落とし神のメイド。 ベジータ系ライバル 牧場の友人 ただ、この時点で何かが物足りません。 神のみにあった、主人公(兄)または 主人公(次男)の明確な目的がわからない。 ヒロインが個人的な不発。 そのため、状況だけ不思議なのはわかりますが、 なんのために?どうし…

続きを読む

心が叫びたがってるんだ 1巻 感想

漫画自体はだいぶ前から発売してました。 が、内容見るまでは保留しようと思ってました。 つまり、そういうことです。 映画を見てきました。 輪にかパンチが足りないけど、まとまってはいたと思います。 で、そのコミカライズで、前日譚がある・・・と帯の うたい文句にもあったのですが、 これは別に、劇中の回想を詳細に書いているだけですね。 漫画の今後の展開しだいでは順序を時系列順にま…

続きを読む

文句の付けようがないラブコメ 4 感想2

そうですか・・・今回の世界線も前後編ですか・・・ これを見て思い出しました。 ハーレムだけがラブコメではないですよね。 ラッキースケベなトラブルだけがラブコメではないですよね。 こういうふたりのコントめいたものが本来のラブコメであるべきなんですよね。 っていうかこれ、アニメ化無理だわ。 あまり重要そうでない、雰囲気をだすために一息買っている 「未成年が酒を飲む」「未成年…

続きを読む

まさか、僕がこれを読める日が来るとは・・・

今日読んだもの・・・ 『空気』 今日は会社の蚤の後でね 別の支店のお偉いさんとたまたま電車が一緒だったからさ・・・ そんな状態で、本を読むことはおろか、 携帯いじるとかもしにくいさね・・・ 何か用事があるふりして、適当に電車降りるとかも考えたりはしたけどさ 「時間を有効に使え」という人たちの前で一番時間を有効活用できない皮肉

続きを読む

文句の付けようがないラブコメ 4 感想1

たんたんと続いている気がします。このシリーズ 今回は立ち位置を変えて・・・ ってらしいですが、やってることはこれまでと大差ないです。 外野だった妹と女友達さんが 世界の再構成という名の 設定加えて外野からモブに昇格したぐらいでしょうか。 ただ、この昇格した二人のやり取りは今回初なので 面白かったりしますが・・・ 進展といえば、今回がこれまでと変わったといえば ヒ…

続きを読む

ちはやふる 二九巻 感想

北央つよい。 脇役のかませだった。ヒョロ君回 かませ返上ではなく、かませのままチームを勝たせた 主将としてのあり方で主人公に勝負に負けて試合に勝ったお話。 「主将」というものを意識し始めた主人公にはいい勉強になったでしょう。 そして、真島君の成長度が気になります。

続きを読む

うたわれるもの 偽りの仮面 プレイ状況6 終

事実上の最後です。 休みが3日もあれば、大分進められたので あとステージ2つぐらい残っていますが、まあ、これからやってクリアできるでしょう。 今回は最後の方にいろいろネタバレします。 ダイジェストでも多少してますが、 読みすぎに注意 前回から・・・ トゥスクルに侵略開始 ベナヴィの活躍で難航しているので支援へ 汚い方の小山と戦闘 ベナヴィVSムネチカ熱い な…

続きを読む

うたわれるもの 偽りの仮面 プレイ状況5

なんか主人公と関係ないところで戦争決着ついた トゥスクル大使さんがやってきた お父さんが来た。 ヒトインの受難 なんか遺跡行ったら記憶が戻りそう 兄と再会 ←いまここ 補足 大使にアルルゥとカミュがやってきた 前作プレイヤーはむしろここからが本編 二人の襲来にそっけないヒロインの態度に 「嫌われてるの?」と悩む二人に 「年の離れた姉は苦手であって嫌いでない」と説得 …

続きを読む

うたわれるもの 偽りの仮面 プレイ状況4

盗賊の姉弟が仲間になった 日常パートを適当に・・・ 褐色姉妹をもらった 飴屋のじいさんの正体がわかった 隣国との戦争が起こった 剣士を仲間にした←今ここ 補足します。 褐色姉妹をもらいました。 仲間になったとか、俺の嫁的な比喩的な表現でなく 物語上もらいました。 グラフィックの準備と目つきから 何かあるなと思ってましたが、正体が見抜けませんでした。 これは見ぬ…

続きを読む

ラーメン大好き小泉さん 3巻 感想

ヒロインがラーメンを食う ↓ そこに、うんちく等はあまりない ※まったくないとは言わない ↓ 完食 ↓ おいしそうな顔 これだけです。 アンパンマン張りに毎回この構成だけです。 でも、そこが味が出ます。 自分これ、実写化いけるんじゃね?とか思った時期がありました。 実写化しましたね? だめだわ・・・・ このおいしそうな顔は実写化ごときでは表…

続きを読む