ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 4.総撃編 下 感想

久しぶりです。 正直、上巻の展開すら忘れてました。 おかげで、この時間まで読む混んでしまいました。 全体で見ればわずかなページでしたが、 自分的にはシェリー嬢ちゃんが凄い成長 や、精神的な意味で・・・ 現実逃避した王女様 なんか、薔薇騎士さんとスラグを立てる上官 黒幕?のバニーガールとのフラグを立てる料理人自衛官 いろいろ交錯ししすぎです。 そして、隔…

続きを読む

女子小学生はじめましたP! 3 感想

違う!そうじゃない。 漫画家さんは悪くないです。 絵もいい。 話の流れや構成は悪くない。 描写はもっとやれー ただ、展開が自分の嗜好に合わなかった。 1巻・2巻は素直に面白かったんですよ。 ただ、この巻で急にバトル路線になった感が この漫画では必要性が感じられなくて・・・ いや、元になった女の子はどうしたんだろうとかは思ってたんですが こんな路線で解決というか…

続きを読む

WEB小説家になろうよ。 感想2

読み終えました。 ヒロインが予想以上にチョロインでした。 ライバルさんも彼女は彼女でチョロインでした。 展開は書き物系としては王道です。 一人のヒロインを取り合う男女 奪いたければWEB小説で1位を取りなさい そして、クリエイター的な修羅場モードで なんとか1位をを取りました。 続く・・・かどうかはわからない。 内容はよかったですよ。 ただ、賛否分かれます…

続きを読む

WEB小説家になろうよ。 感想1

ネタがなかったので衝動買い。 印象は「俺と彼女の萌えよペン」の小説版です。 まだ、1/3程度ですが、背表紙にあるあらすじ をそのまま読んだ感じです。 正当?ヒロイン ライバル(未登場 巻頭挿絵で確認) 合法ロり。 クール。 まあ、それなりにはそろえているね。 ただ、このヒロイン地味にチョロイン臭がします。 「感想」とタイトル・タグに入れている割に 感想を書け…

続きを読む

少女は書架の海で眠る 1 2 感想

う~ん、酷評です。 「マグダラで眠れ」のスピンオフ小説のコミカライズですが、 この作品自体が本編に比べていまいちですが、 コミック化してさらに悪化したような印象です。 小説で起こった内容をそのまま単純に映像化しただけで、 これじゃない感がありまくりです。 本編のコミカライズ版もそうですが、 原作が、テキストなどで風潮や文化・世界観を補足しているので 映像化することでその描写な…

続きを読む

虚構推理 1 感想

すでに、小説で原作はあるようです。 タイトルに騙されてはいけません。 要素は背表紙に書いてあります。 「恋愛 × 伝奇 × ミステリ」です。 ミステリ=推理 という人もいるでしょうか、 この場合のミステリはオカルトに近いです。 その場合、伝奇と重複している気がしないでもないですが、 そこは気にしないで行きましょう。 言いたいのは、タイトルほど「推理」要素はありませんでした…

続きを読む

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 8巻 感想

長いタイトルですが、結構面白いです。 あ~あ、早くアニメ化しないかな~ なんか、2文字違いのタイトルならアニメで放送しているんですが、 別物ですよあれは。 前巻。幼馴染が動き出して、とうとう今巻で参戦か? とか思ってたら、全然別の話から始まりまリた。 今回は、メイン?ヒロインと刀ヒロインの友情回 主人公がいい意味で脇役に徹しています。 話としても、漫画の中ではいま…

続きを読む

とある科学の超電磁砲 11巻 感想

こっちの主人公の話は分かりやすいです。 っていうか御坂さんはケンカしていた敵勢力?との相性が意外と良い。 椎茸さんとかアイテムさんの貧乳さんとか 利害の一致で瞬時に共闘できるのはさすがです。 っていうか、青さんそれよこしなさい。 という小話を最初と最後に挟みつつ メインはジャッジメント回 予知能力者を交えた事件解決のお話し。 なかなかシリアスでよかったと思います。…

続きを読む

とある科学の一方通行 4巻 感想

悲報:ラストーダーは空気 っていうか登場なし 確かに一方通行は主役ばりの活躍だけどさ ラストオーダが扉絵1Pだけってどういうこと? 原作読み切れてないのでなんともですが、 いつの時点の話なのがわかりませんが・・・ なんか、補足というか解説がほしいです。 状況がみえません。 いや、部分部分の展開はそれとなくわかるのですが・・・ 全体でみて冷静に見直したとき なに…

続きを読む

セキレイ 18 完 感想

いい最終回だった いや、マジで ここまで行くと予想外の展開はあまりなく、 よく言えば王道でした。 個人的な不満は 健人さんの結末が示唆されているだけで、描写されていないことと、 結局、実父とわかったあとでも、関わりがなかったことでしょうか。 エピローグとして後日談を数話にわたって描いているのも 自分は評価します。 こういうのって、ホントの最終話の数ページだったり…

続きを読む