チートな魔王の道具屋は、 今日もJKJC(バイト)が働かない!? 感想2

登場した天使の温泉好きの設定のために 温泉回が多いです。 そこで、必ず起こる胸囲の格差社会 今回読んだ範囲で、一か所なぜか印象にあるシーンがありました。 たぶんタグが継ぐとしたら 作者が「これがやりたかっただけ」 いや「これだけはやり遂げたかった」と感じましたq。 ヒロインが触手の次に嫌だといったシーンです。 さらにイラスト担当さんとのやりとりも目に浮かびます。 き…

続きを読む

私に見えない恋心 感想

作者さんの短編集です。 この作者のことは注目はしてませんが、 タッチ等が目につき まんがライフやらタイムやらの 薄い漫画雑誌にちょくちょく記憶に残っている印象程度です。 肝心の内容は・・・ すみません。タイトル通りです・・・ 僕にもこの恋心はみえません。 話的には ・小説家と奥さんの話 ・友情と恋愛の三角関係 ・遠距離恋愛 このあたりがよかったと思いま…

続きを読む

武蔵くんと村山さんは付き合ってみた 2巻 感想

WEB漫画の2巻です。 しかも、いまでも、省略や期限切れなんかも読めます。 興味わいたらそちらを参照 とりあえず、書記会計カップルがメイン よそのカップルをリア充って・・・ おまえら自分たちの立場を理解しろよ 漫画としては最後に書下ろしを収録 村山さんの仲の良い姉が登場 ただの単純なほのぼのです。

続きを読む

チートな魔王の道具屋は、 今日もJKJC(バイト)が働かない!? 感想1

最近お魔王さまという職業はなんでもしますね。 ファーストフードのバイトだったり 世界の平和を成そうとしたり、 ファミレスの居座ったり、 娘さんを電気屋さんに働かせたり 現時点全体のまだ半分です。 地味にすごいのかあえて伝わりにくくしているのか、 職人レベルの起用さ意外でチートな感じはしません。 魔王さま むしろ、バイトのこちらの世界のJKとJCの姉妹の方が チ…

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想4

この話の構成を考えると 起:承:転:結≒5:2:1:2 問題が起きてから解決編までかなり短い 当人たちの陥った状況と改善へ苦労と反比例に あっけなくおわりました。 しかも、エピローグで終わった感じはなく、 むしろ次巻のプロローグまではじまった感じまでします。 もっと、こう・・・ バックにいる騎士団の影響力がわかりづらいです。 こう、劣等生やアクセルワールド程…

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想3

天使の・・・とか 太陽の・・・とか 錬金術師としていろいろ表現がわかりづらかったけど 要は火薬をつくっていたんだね(できた)ということにやっと気づきました。 火炎放射器とか普通に出てたから火薬なんてすでにあるもんだと思ってました。 なるほど、そこまで文化が進んでいないことを前提によまないと いろいろごっちゃになります。 最初の主人公のデレッデレな部分が最後まで続いたらど…

続きを読む

魔王なあの娘と村人A 5巻b 感想

いい最終回だった。 ・・・というには弱い最終巻でした。 1巻のころは表紙買いで ノベルが原作だとは大分たってからしりました。 ただ、ノベルの方を読んでないのであれですが 当時としては、痒い所に手を出しているのですが、 上手く描ききれずにかえって痒くしている印象を受けました。 個性者という設定のせいか、主人公の鈍感さがいまいち共感できないというか ノベルズだと、…

続きを読む

WEB版 WORKING 3 感想

最終巻らしいです。 最終巻と銘打っておきながら 4巻と5巻も発売予定らしいです。 今巻はいろいろカップル成立します。 いままで、 付き合っているのに好き合っていない 付き合ってないのに好き合っている 好き合っているから付き合っている 好き合ってないので付き合ってない と見事な組み合わせが成立してました。 っていうか、志保さん反転衝動が読み直すと酷いです。※ほめ…

続きを読む

となりの吸血鬼さん 1 感想

結論から言うと フツーでした 自分は別の作品に 「普通に面白い」とか使う時があると思いますが、 それとは別でこれは、ちょっといい意味をもった意味ではないです。 内容としては、アニメ化したら ごちうさやきんモザ枠といわれるものになりそうです。 かわいいは正義とはいいますけど、かわいいだけじゃ何かが足りないんです。 でも、なんとなく好きそうな人はいる気がします。 自…

続きを読む

マグダラで眠れ VII 感想2

ガンダムのアムロとかさ アークザラッドのアークやエルクとかさ ある意味ジョジョとかさ 舞台や作品が変わって、かっての主人公が大人に成長した姿に感激することってありますよね? そこには、『大人』になっているものがほとんどです。 でも・・・まさか・・・ この作品のスピンオフ「少女は書架の海で眠る」の主人公が 『中年』になって登場されると 感激も何もあったもんじゃありません。 …

続きを読む